2007年11月17日

優待改悪

以前から優待銘柄として有名だった「そばの高田屋」などを展開していた外食産業のタスコシステムですが、債務超過に陥り株価も以前の10分の1以下になってしまいました。12月の株主優待がどうなるのか注目されていましたが、10株を1株に統合の上、選択式のギフトは廃止して食事券のみ1株あたり5000円相当と変更が発表されました。管理人は2株持っていましたので8株買い増すか、端株として分配を受けるか市場で売却かの選択になります。今更この銘柄に昨日の終値4910円ですと約4万円の追加投資をする気にもなりませんので、年末の税金対策も込めて売却しようと思っています。もともと買った時からバクチのようなものとは思っていましたが、やはりセオリー通り優待だけに目を取られず、会社の内容は良く吟味なくてはいけません、約15万円の売却損になりそうです。また先日MBOを発表したパトライトも売却しました、こちらは財務内容も良くニッチな市場でトップメーカーだったのですが、グルメギフト3000円分を1回もらっただけでサヨナラです。これからも継続ホールドのつもりだっただけに残念ですが、まぁ多少の売却益が出てますので良しとしましょう。
posted by キーマオ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
コメント欄にご記入頂いたメールアドレスは公開されません